スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Ⅱ.CETASIKA-SAṄGAHA-VIBHAGĀ   摂心所分別

ダンマサークルの勉強に使った教本より有難く引用させていただきました。
『アビダンマッタサンガハ : 南方仏教哲学教義概説. [アヌルッダ著] ; ウ・ウエープッラ, 戸田忠訳註. アビダンマッタサンガハ刊行会 』
現在品切れのようなので再版されることを望みます。
また、私たちにアビダンマを教えてくださったウ・コーサッラ西澤長老に限りなく感謝いたします。

ABHIDHAMMATTHA-SAṄGAHA
アビダンマッタサンガハ

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa
正自覚者であり 阿羅漢である かの世尊に帰命します

§1 paṇāma-paṭiññāṇa
   敬礼と趣旨
Sammāsambuddham atulaṃ, sasaddhammagaṇuttamaṃ abhivādiya bhāsissaṃ, abhidhammatthasaṅgahaṃ.
「私は、正法と最上の衆と共に、無比の正覚者を礼拝して、アビダンマッタサンガハを説くであろう」
§2 paramattha 4
   第一義 4
Tattha vuttābhidhammatthā catudhā paramatthato, cittaṃ cetasikaṃ rūpaṃ, nibbānam iti sabbathā.
「ここに言われたアビダンマの儀は、第一義的には全部で、心と心所と色と涅槃との4種である。」

Ⅱ.CETASIKA-SAṄGAHA-VIBHAGĀ
 摂心所分別
§1 cetasika-lakkhaṇa 4
   心相応 4
Ekuppāda-nirodhā ca, ekālambaṇa-vatthukā,
cetoyuttā dvipaññāsa, dhammā cetasikā matā.
「同起、同滅、同所縁、同基の52心相応法は、心所とされる。」

Aññasamāna-cetasika 13
  同他心所  13
§2 sabba-citta-sādhāraṇa-cetasika 7
   共一切心心所  7
Kathaṃ? phasso vedanā sañña cetanā ekaggatā jīvitindriyaṃ manasikāro ceti satt' ime cetasikā sabbacitta-sādhāraṇā nāma.
「どのように〔52種類ある〕か? 触、受、想、思、一境性、命根、作意のこれら7を共一切心心所という。」
§3 pakiṇṇaka-cetasika 6
   雑心所  6
Vitakko vicāro adhimokkho vīriyaṃ pīti chando cā ti cha ime cetasikā pakiṇṇakā nāma. Evam ete terasa cetasikā aññasamānā ti veditabbā.
「尋、伺、勝解、精進、喜、意欲のこれら6を雑心所という。以上のようにこれら13を同他心所と理解すべきである。」
§4 akusala-cetasika 14
   不善心所 14
Moho ahirikaṃ anottappaṃ uddhaccaṃ lobho diṭṭhi māno doso issā macchariyaṃ kukkuccaṃ thinaṃ middhaṃ vicikicchā ceti cuddas' ime cetasikā akusalā nāma.
「痴、無慚、無愧、悼挙、貪、見、慢、瞋、嫉、慳、悪作、睡眠、疑のこれら14を不善心所という。」
sobhana-cetasika 25
  浄心所  25
§5 sobhana-sādhāraṇa-cetasika 19
   共浄心所  19
Saddhā sati hirī ottappaṃ alobho adoso tatramajjhattatā kāyappassaddhi cittappasssaddhi kāyalahutā cittalahutā kāyamudutā cittamudutā kāyammaññatā cittammaññatā kāyapāguññatā cittapāguññatā kāyujukatā cittujukatā ceti ekū
navīsat' ime cetasikā sobhana-sādhāraṇa nāma.
「信、念、慙、愧、無貪、無瞋、中捨、身軽安、心軽安、身軽快性、心軽快性、身柔軟性、心柔軟性、身適業性、心適業性、身練達性、心練達性、身端直性、心端直性のこれら19を共浄心所という。」
§6 virati-cetasika 3
離心所  3
Sammāvācā sammākammanto sammāājīvo ceti tisso viratiyo nāma.
「正語、正業、正命の3を、離〔心所〕という。」
§7 appamañña-cetasika 2, paññindriya-cetasika 1
 無量心所 2、慧根心所 1
Karuṇā muditā appamaññāyo nāmā ti sabbathā pi paññindriyena saddhiṃ pañcavīsat' ime cetasikā sobhanā ti veditabbā.
「悲、喜を無量〔心所〕という。以上慧根と共に、これら25をすべて浄心所であると理解すべきである。」
§8 saṇgaha-gāthā
摂偈
Ettāvatā cā
Teras' aññasamānā ca, cuddasākusalā tathā, sobhanā pañcavīsā ti, dvipaññāsa pavuccara.
「以上によって
13の同他と、また14の不善と25の浄とで52〔種〕と言われる。」
§9 sampayoga-naya 16 nidāna
   相応の仕方 16 序
Tesaṃ cittāviyuttānaṃ, yathāyogam ito paraṃ, cittuppādesu paccekaṃ, sampayogo pavuccati.
「以下、それら心不離〔心所〕の心生起〔心〕における相応が、それぞれ適切に説かれる。」
§10 sampayogo-naya-saṅgaha-gāthā
   相応の仕方の摂偈
Satta sabbattha yujjanti, yathāyogaṃ pakiṇṇakā, cuddasākusalesv' eva, sobhanesv' eva sobhanā.
「7〔心所〕は一切〔心〕に相応する。〔6〕雑〔心所〕は〔一切心に〕適宜に〔相応し〕、14〔不善心所〕は不善〔心〕にのみ〔適宜に相応し〕、〔25の〕浄〔心所〕は浄〔心〕にのみ〔適宜に相応する〕。」
§11 añña-samāna-cetasika-sampayoga-naya 7
   同他心所の相応の仕方 7
Kathaṃ? Sabba-citta-sādhāraṇā tāva satt' ime cetasikā sabbesu pi ekūnanavuti-cittuppādesu labbhanti.(1-89)Pakiṇṇakesu pana vitakko tāva dvipañca-viññāṇa-vijjita-kāmāvacara-cittesu ceva ekādasasu paṭhamajjhāna-cittesu cā tipañcapaññāsa-cittesu uppajjati.(2-55)
「どのように〔相応する〕か。先ずこれら7の共一切心である心所は、すべて89心生起中に得られる。次に雑〔心所〕に於いて、先ず尋は二つの五識を除いた欲界心と、11の初禅心と55心中に起る。」
Vicāro pana tesu ceva ekādasasu dutiyajjhāna-cittesu cāti chasaṭṭhi-cittesu.(3-66) Adhimokkho dvipañcaviññāṇa-vicikicchā-sahagata-vajjita-cittesu.(4-78) Vīriyaṃ pañcadvārāvajjana-dvipañca-viññāṇa-sampaṭicchana-santīraṇa-vajjita-cittesu.(5-73)
「次に伺はそれら〔55心〕と11の第二禅心と66心中に〔起る〕。勝解は二つの五識と疑倶〔心と11心〕を除いた〔78〕心に〔起る〕。精進は五門引転〔心〕と、二つの五識と〔2〕領受〔心〕と〔3〕推度〔心との16心〕を除いた〔73〕心に〔起る〕。」
Pīti domanassupekkhā-sahagata-kāyaviññāṇa-catutthajjhāna-vajjita-cittesu.(6-51) Chando ahetuka-momūha-vajjita-cittesū ti.(7-69)
「喜は〔2〕憂〔倶心〕・〔55〕捨倶〔心〕と〔2〕身識と〔11〕第四禅〔心と70心〕を除いた〔51〕心に〔起る〕。意欲は〔18〕無因〔心〕と〔2〕極愚〔心と20心〕を除いた〔69〕心に起る。以上である。」
§12 saṇgaha-gāthā
   摂偈
Te pana cittuppādā yathākkamaṃ
chasaṭṭhi pañcapaññāsa, ekādasa ca soḷasa, sattati vīsati c'eva, pakiṇṇaka-vivajjitā. pañcapaññāsa chasaṭṭhi, 'ṭṭhasattati tisattati, ekapaññāsa c' ekūna-,sattati sapakiṇṇakā.
「雑〔心所〕が除去されたそれらの心生起は、順に66〔心〕、55〔心〕、11〔心〕、16〔心〕、70〔心〕、20〔心〕である。
 雑〔心所〕を有する〔それらの心は、順に55〔心〕、66〔心〕、78〔心〕、73〔心〕、51〔心〕、69〔心〕である。
§13 akusala-cetasika-sampayoga-naya 5
   不善心所の相応の仕方 5
Akusalesu pana moho ahirikaṃ anottappaṃ uddhaccañ cā ti cattāro'me cetasikā sabbākusala-sādhāraṇā nāma sabbesu pi dvādasākusalesu labbhanti,(1-12) Lobho aṭṭhasu lobhasahagata-cittesv' eva labbhati, diṭṭhi catūsu diṭṭhigata-sampayuttesu, māno catūsu diṭṭhigata-vippayuttesu,(2-8,4,4)
「次に不善〔心所〕中、痴・無慚・無愧・悼挙のこれら4心所は、共一切不善〔心所〕といい、すべて12不善〔心〕において得られる。貪は、8貪倶心中にのみ得られる。見は4悪見相応〔心〕中に〔のみ〕〔得られる〕。慢は、4悪見不相応〔心〕中に〔のみ〕〔得られる〕。」
Doso issā macchariyaṃ kukuccañ cā ti dvīsu paṭigha-sampayutta-cittesu,(3-2) thina-middhaṃ pañcasu sasaṅkhārika-cittesu,(4-5) vicikicchā vicikicchā-sahagata-citte yevā ti,(5-1)
「瞋・嫉・慳・悪作〔のこれら4心所〕は、2瞋恚相応中に〔のみ得られる〕惛沈・睡眠は5有行心中に〔のみ得られる〕。疑は疑倶心中にのみ〔得られる〕以上である。」
§14 saṅgaha-gāthā
   摂偈
sabbā 'puññesu cattāro, lobhamūla tayo gatā, dosamūlesu cattāro, sasaṅkhāre dvayaṃ tathā, vicikicchā xicikicchā,-citte cā ti catuddasa, dvādasākusalesv eva, sampayujjanti pañcadhā.
「〔痴・無慚・無愧・悼挙〕4は、すべて不善〔心〕中にあり、〔貪・見・慢の〕3は貪根〔心〕中にあり、〔瞋・嫉・慳・悪作の〕4は瞋根〔心〕中に、また〔惛沈・睡眠の〕2は有行〔心〕中にある。疑は疑心中にのみある。以上14〔心所〕は5種となって、12不善〔心〕のみに相応する。」
§15 sobhana-cetasika-sampayoga-naya 4
   浄心所の相応の仕方 4
Sobhanesu pana sobhana-sādhāraṇā tāva ekūnavīsati 'me cetasikā sabbesu pi ekūnasaṭṭhi sobhana-cittesu saṃvijjanti.(1-59)
Viratiyo pana tisso pi lokuttara-cittesu sabbathā pi niyatā ekato va labbhanti, lokiyesu pana kāmāvacara-kusalesv eva kadāci sandissanti visuṃ visuṃ.(2-8,8)
「次に、〔正語・正業・正命〕の三離〔8〕出世間心中に〔邪語などを〕すべて〔捨断し〕常に必ず一緒に得られる。また世間〔心〕に於いては〔8〕欲界善〔心〕にのみ、ある時には別々に見られる。」
Appamaññāyo pana dvādasasu pañcamajjhāna-vajjita-mahaggata-cittesu c' eva kāmāvacara-kusalesu ca sahetuka-kāmāvacara-kiriya-cittesu cā ti aṭṭhavīsati cittesv eva kadāci nānā hutvā jāyanti, Upekkhā-sahagatesu pan' ettha karuṇā muditā na santī ti keci vadanti.(3-28)
「次に、〔悲・喜の2〕無量は、第五禅12の〔色界〕大心と、欲界〔8〕善〔心〕と、欲界有因〔8〕唯作心との28心のみに或る時に別々になって生じる。またこの〔28心〕中の捨倶〔心〕には、悲・喜がないと或る人々は言う。」
Paññā pana dvādasasu ñāṇasampayutta-kāmāvacara-cittesu c' eva sabbesu pi pañcattiṃsa mahaggata-lokuttara-cittesu cā ti sattacattālīsa-cittesu sampayogaṃ gacchatī ti.(4-47)
「次に慧は12の智相応欲界心と、一切の35の大〔心〕・出世間心との47心に相応する。以上である。」
§16 saṅgaha-gāthā
   摂偈
Ekūnavīsati dhammā, jāyant' ekūnasaṭṭhisu, tayo soḷasa-cittesu, aṭṭhavīsatiyaṃ dvayaṃ, Paññā pakāsitā satta, cattālīsa-vidhesu pi, sampayuttā catudh' evaṃ, sobhanesv eva sobhanā.
「〔共浄の〕19法は59〔心〕に生じる。3〔離〕は16心に〔生じる〕、2〔無量〕は28心に〔生じる〕、慧は47種〔心〕にあると明示された。このように浄は浄〔心〕のみに4種となって相応する。」
§17 niyata-aniyata-yogī-cetasika
   決定・不決定相応の心所
issā-macchera-kukkucca, -viratī-karuṇādayo, nānā kadāci māno ca, thina-middhaṃ tathā saha, Yathā-vuttānusārena, sesā niyata-yogino, saṅgahañ ca pavakkhāmi, tesaṃ dāni yathārahaṃ.
「〔以上の〕所説に随えば、嫉・慳・悪作・〔3〕離・悲〔・喜〕などは別々に、或る時に〔生じる〕、慢も〔ある時に生じる〕、惛沈・睡眠は同じく〔或る時に〕倶に〔生じる〕、残り〔41心所〕は決定相応〔心所である〕。
今から私は、それら〔心所〕の摂を説くことにしたい。」
3. Saṅgaha-naya 33
   摂め方 
§18 saṅgaha-gāthā
   摂偈
Chattiṃsānuttare dhammā, pañcattiṃsa mahaggate, aṭṭhattiṃsāpi labbhanti, kāmāvacara-sobhane. Sattavīsati 'puññamhi, dvādasāhetuke ti ca, yathāsambhava-yogena, pāñcadhā tattha saṅgaho.
「無上(出世間)中に36〔心所〕法、大(上二界)中に35、欲界浄〔心〕中に38、不善〔心〕中に27、無因〔心〕中に12が得られる。このように、相応の発生に従って、そこ〔心〕に5種の摂がある。」
§19 lokuttara-citta-saṅgaha-naya 5
   出世間心の摂め方 5
Kathaṃ? Lokuttaresu tāva aṭṭhasu paṭhamajjhānika-cittesu aññasamānā terasa cetasikā, appamaññā-vajjitā tevīsati sobhana-cetasikā ceti chattiṃsa dhammā saṅgahaṃ gacchanti.
「どのように〔摂める〕か。先ず出世間において、8の初禅心には同他の13心所と〔2〕無量を除いた23の浄心所と36法が摂められる。」
Tathā dutiyajjhānika-cittesu vitakka-vajjā,(2-35) tatiyajjhānika-cittesu vitakka-vicāra-vajjā,(3-34) catutthajjhānika-cittesu-vitakka-vicāra-pīti-vajjā,(4-33) pañcamajjhānika-cittesu upekkhāsahagatā te eva saṅgayhanti ti.(5-33) Sabbathā pi aṭṭhasu lokuttara-cittesu pañcakajjhānavasena pañcadhā 'va sangaho hotī ti.
「同様に、第二禅〔8〕心には尋を除いた〔35法が摂められる〕、〔同様に〕第三禅〔8〕心には、尋・伺・を除いた〔34法が摂められる〕、〔同様に〕第四禅〔8〕心には、尋・伺・喜を除いた〔33法が摂められる〕、〔同様に〕第五禅〔8〕心には同じく捨倶となれるそれら〔33法〕が摂められる。8出世間においては、全部で五種禅による5種の摂がある
。以上である。」
§20 saṅgaha-gāthā
   摂偈
Chattiṃsa pañcattiṃsa ca, catuttiṃsa yathākkamaṃ, tettiṃsa dvayam icc' evaṃ, pañcadhā 'nuttare ṭhitā.
「無上に於いて〔摂は〕順に36、35、34及び二つの33というように、五種が立てられる。」
§21 mahaggata-citta-saṅgaha-naya 5
大心の摂め方 5
Mahaggatesu pana tīsu paṭhamajjhānika-cittesu tāva aññasamānā terasa cetasikā, viratittaya-vajjitā dvāvīsati sobhana-cetasikā ceti pañcattiṃsa dhammā saṅgahaṃ gacchanti.(1-35) Karuṇā muditā pan' ettha paccekam eva yojetabbā.
「次に大(上二界)に於いて、先ず〔善・異熟・唯作の〕3初禅心には、同他の13心所と3離を除いた22浄心所と35法が摂められる。しかしこの〔35の〕うち、悲・喜は必ず別々に相応すべきものである。」
Tathā dutiyajjhānika-cittesu vitakka-vajjā,(2-34) tatiyajjhānika-cittesu vitakka-vicāra-vajjā,(3-33) catutthajjhānika-cittesu vitakka-vicāra-pīti-vajjā,(4-32) pañcamajjhānika-cittesu pana pannarasasu appamaññāyo na labbhantī ti.(5-30) Sabbathā pi sattavīsati-mahaggata-cittesu pañcakajjhānavasena pañcadhā 'va saṅgaho hotī ti.
「同様に、第二禅〔3〕心には尋を除いた〔34法が摂められる〕、第三禅〔3〕心には尋・伺を除いた〔32法が摂められる〕。第四禅〔3〕心には尋・伺・喜を除いた〔32法が摂められる〕。次に、15の第五禅心には、無量〔の2〕が得られない〔ので30法が摂められる〕。27大心においては、全部で五種禅による五種の摂がある。以上である。」
§22 saṅgaha-gāthā
   摂偈
Pañcattiṃsa catuttiṃsa, tettiṃsa ca yathākkamaṃ, bāttiṃsa c' eva tiṃse ti,
pañcadhā 'va mahaggate.
「大〔心〕に於いて〔摂は〕順に35,34,32,30というように、五種となる。」
§23 Kāmāvacara-sobhana-citta-saṅgaha-naya 12
   欲界浄心の摂め方 12
Kāmāvacara-sobhanesu pana kusalesu tāva paṭhama-dvaye aññasamānā terasa cetasikā, pañcavīsati sobhana-cetasikā ceti aṭṭhatiṃsa dhammā saṅgahaṃ gacchanti.(1-38) Appamaññā viratiyo pan'ettha pañca pi paccekam eva yojetabbā.
「次に欲界浄〔心〕に於いて、先ず善〔心〕に於ける最初の〔智相応の〕2〔心〕には同他の13心所と、25浄心所との38法が摂められる。しかし、この〔38の〕中、〔2〕無量と〔3〕離との5は、必ず別々に相応すべきものである。」
Tathā dutiya-dvaye ñāṇavajjita,(2-37) tatiya-dvaye ñāṇasampayuttā pīti-vajjita(3-37) catuttha-dvaye ñāṇa-pīti-vajjitā te eva saṅgayhanti,(4-36) Kiriya-cittesu pi virati-vajjitā tath' eva catūsu pi dukesu catudhā 'va saṅgayhanti,(8-35,34,34,33)
「同様に、第二の2〔心〕には智を除いた〔37法が摂められる〕、第三の2〔心〕には喜を除いた智相応の〔37法が摂められる〕、第四の2〔心〕には智と喜を除いたそれら〔36法〕が摂められる。唯作心に於いても、〔3〕離を除い手〔善の場合と〕同様に、四つの2〔心〕に4種として摂められる。」
Tathā vipākesu ca appamaññā-virati-vajjitā te eva saṅgayhantī ti.(12-33,32,32,31) Sabbathā pi catuvīsati-kāmāvacara-sobhana-cittesu dukavasena dvādasadhā 'va saṅgaho hotī ti.
「同様に、異熟心に於いても、〔2〕無量と〔3〕離を除いて、それら〔心所〕は〔四種として〕摂められる。24の欲界浄心に於いて、全部で双〔心〕による12種の摂がある。いじょうである。」
§24 saṅgaha-gāthā
   摂偈
Aṭṭhatiṃsa sattatiṃsa-, dvayaṃ chattiṃsakaṃ subhe, Pañcattiṃsa catuttiṃsa-, dvayaṃ tettiṃsakaṃ kriye, Tettiṃsa pāke bāttiṃsa-, dvaye 'kattiṃsakaṃ bhave, sahetu-kāmāvacara-, puñña-pāka-kriyā mane.
「欲界の善・有因異熟・〔有因〕唯作心に於いて、浄には38、二つの37、36があり、唯作には35、二つの34,33があり、異熟には33、二つの32,31がある。」
§25 vippayutta-cetasika
   不相応心所
Na vijjant' ettha viratī, kriyesu ca mahaggate, anuttare appamaññā, kāmapāke dvayaṃ tathā.
「このうち、唯作と大(上二界)には〔3〕離がない。無上(出世間)には〔2〕無量が〔ない〕、欲〔界〕異熟には同じく〔離と無量の〕二つが〔ない〕。」
§26 visesa-cetasika
   区分心所
Anuttare jhānadhammā, appamaññā ca majjhime, viratī ñāṇa-pīti ca, parittesu visesakā.
「無上(出世間)では禅法が、中〔上二界)では〔禅法と〕無量が、小(欲界)では離と智と喜と〔無量と〕が区分する。」
§27 akusala-citta-saṅgaha-naya 7
   不善心の摂め方 7
Akusalesu pana lobhamūlesu tāva paṭhame asaṅkhārike aññasamānā terasa cetasikā, akusala-sādhāraṇā cattāro cā ti sattarasa lobhadiṭṭhīhi saddhiṃ ekūnavīsati dhammā saṅghaṃ gacchanti.(1-19)
「次に、不善〔心〕に於いて、先ず、貪根における第一無行〔心〕には、同他の13心所と、共〔一切〕不善の4〔心所〕との17が、貪・見と共に19法として摂められる。」
Tath' eva dutiye asaṅkhārike lobha-mānena,(1-19) tatiye tath' eva pīti-vajjitā lobha-diṭṭhīhi saha aṭṭhārasa,(2-18) catutthe tath' eva lobha-mānena,(2-18) pañcame pana paṭighasampayutte asaṅkhārike doso issā macchariyaṃ kukkuccañ cā ti catūhi saddhiṃ pīti-vajjitā te eva vīsati dhammā saṅgayhanti.(3-20) lssā-macchariya-kukkuccāni pan' ettha paccekam eva yojetabbāni.
「同様に、第二の無行〔心〕には、貪・慢と共に〔19法として摂められる〕、同様に第三〔の無行心〕には、喜を除いた〔16法〕が貪・慢と共に、18〔法として摂められる〕、同様に第四〔の無行心〕には、貪・慢と共に〔18法として摂められる〕、次に、第五の瞋恚相応無行〔心〕には、瞋・嫉・慳・悪作の4と共に喜を除いた、それらの20法が摂められる。そしてこの中の嫉・慳・悪作は必ず別々に相応すべきものである。」
Sasaṅkhārika-pañcake pi tath' eva thina-middhena visesetvā yojetabbā, (4,5,6-21,20,22) Chanda-pīti-vajjitā pana aññasamānā ekādasa, akusala-sādhāraṇā cattāro cā ti pannarasa dhammā uddhacca-sahagate sampayujjanti. Vicikicchā-sahagata-citte ca adhimokkha-virahitā vicikicchā-sahagatā tath' eva pannarasa dhammā samupalabbhantī ti.(7-15) Sabbathā pi dvādasākusala-cittuppādesu paccekaṃ yojiyamānā pi gaṇana-vasena sattadhā 'va saṅgahitā bhavantī ti.
「5種の有行〔心〕に於いても、〔無行心と〕同様であるが、〔再に〕惛沈・睡眠〔を加えること〕によって区別して相応すべきものである。次に意欲・喜を除いた11の同他と、共〔一切〕不善の4との15法が、悼挙相応〔心〕に相応する。疑倶心には、勝解を除いた疑倶の15法が同様に得られる。以上のすべては、12不善心生起に於いて〔心所法が12心に〕別々に相応していても〔相応する心所法の〕数〔の種類〕によって、7種として摂められる。以上である。」
§28 saṅgaha-gāthā
   摂偈
Ekūnavīsāṭṭhārasa, vīs' ekavīsa vīsati. dvāvīsa pannaraseti, sattadhākusale ṭhitā.
「不善には〔摂は〕19,18、20、21、20、22、15の7種が立てられる。」
§29 akusala-yogī-cetasika 14
不善相応心所 14
Sādhāraṇā ca cattāro, samānā ca dasāpare, cuddas' ete pavuccanti, sabbākusala-yogino.
「共〔一切不善〕の4と、この他に〔勝解・喜・意欲を除いた〕同〔他〕の10とのこれら14が一切の不善〔心〕に相応する〔心所〕と言われる。」
§30 ahetuka-citta-saṅgaha-naya 4
   無因心の摂めかた 4
Ahetukesu pana hasanacitte tāva chanda-vajjitā aññasamānā dvādasa dhammā saṅgahaṃ gacchanti,(1-12) tathā voṭṭhabbane chanda-pīti-vajjita,(2-11) sukha-santīraṇe chanda-vīriya-vajjitā
「次に無因心に於いて、先ず笑心には〔13同他より〕意欲を除いた12の同他法が摂められる。同様に確定心には意欲・喜を除いた〔11法が摂められる〕、楽〔倶〕推度〔心〕には、意欲・精進を除いた〔11法が摂められる〕。」
manodhātuttikāhetuka-paṭisandhi-yugaḷe chanda-pīti-vīriya-vajjitā,(3-10) dvipañca-viññāṇe pakiṇṇaka-vajjitā te yeva saṅgayhantī ti.(4-7) Sabbathā pi aṭṭhārasasu ahetukesu gaṇanavasena catudhā 'va saṅgaho hotī ti.
「意界の3〔心〕と無因の二つの結生〔心〕とには、意欲・喜・精進を除いた〔10法が摂められる〕。二つの五識には〔6の〕雑〔心所〕を除いた、それら〔7心所〕が摂められる。18無因〔心〕においては、全部で数〔の種類〕による、4種の摂がある。以上である。」
§31 saṅgaha-gāthā
   摂偈
Dvādas' ekādasa dasa, satta cā ti catubbidho, aṭṭhārasāhetukesu, cittuppādesu saṅgaho. Ahetukesu sabbattha, satta sesā yathārahaṃ, iti vitthārato vutto, tettiṃsavidha-saṅgaho.
「18無因心生起においては2,11,10,7の4種の摂がある。一切の無因心に7〔の心所〕が〔相応し〕残りは適宜に〔相応する〕。このように摂は詳しく33種と言われる。」
§32 citta-sama-bheda-cetasika
   心と同種の心所
Itthaṃ cittāviyuttānaṃ, sampayogañ ca saṅgahaṃ, ñatvā bhedaṃ yathāyogaṃ, cittena samam uddise.
「このように心不離の相応と、摂とを知れば、心と同じく適宜に〔心所〕の種類を解くことができる。」
Iti Abhidhammattha-saṅgahe cetasika-saṅgaha-vibhāgo nāma dutiyo paricchedo.
「以上がアビダンマッタ・サンガハに於ける摂心所分別という第二章である。」







スポンサーサイト
.05 2013 アビダンマ comment(-) trackback0

Ⅰ.CITTA-SAṄGAHA-VIBHĀGA  摂心分別

ダンマサークルの勉強に使った教本より有難く引用させていただきました。
『アビダンマッタサンガハ : 南方仏教哲学教義概説. [アヌルッダ著] ; ウ・ウエープッラ, 戸田忠訳註. アビダンマッタサンガハ刊行会 』
現在品切れのようなので再版されることを望みます。
また、私たちにアビダンマを教えてくださったウ・コーサッラ西澤長老に限りなく感謝いたします。

ABHIDHAMMATTHA-SAṄGAHA
アビダンマッタサンガハ

Namo tassa bhagavato arahato sammāsambuddhassa
正自覚者であり 阿羅漢である かの世尊に帰命します

§1 paṇāma-paṭiññāṇa
   敬礼と趣旨
Sammāsambuddham atulaṃ, sasaddhammagaṇuttamaṃ abhivādiya bhāsissaṃ, abhidhammatthasaṅgahaṃ.
「私は、正法と最上の衆と共に、無比の正覚者を礼拝して、アビダンマッタサンガハを説くであろう」
§2 paramattha 4
   第一義 4
Tattha vuttābhidhammatthā catudhā paramatthato, cittaṃ cetasikaṃ rūpaṃ, nibbānam iti sabbathā.
「ここに言われたアビダンマの儀は、第一義的には全部で、心と心所と色と涅槃との4種である。」
Ⅰ.CITTA-SAṄGAHA-VIBHĀGA
  摂心分別
§3 bhūmi-cittaṃ-bheda
   地心の種類
Tattha cittaṃ tāva catubbidhaṃ hoti kāmāvacaraṃ rūpāvacaraṃ arūpāvacaraṃ lokuttarañ ceti.
「その中、まず心には、欲界・色界・無色界・出世間の4種がある。」
1.Akusala-citta 12
  不善心 12
§4 lobhamūla-citta 8
   貪根心 8
Tattha katamaṃ kāmāvacaraṃ ?
「そのうち、欲界〔心〕は何か?。」
Somanassasahagataṃ diṭṭhigatasampayuttaṃ
asaṅkhārikam ekaṃ sasaṅkhārikam ekam,
somanassasahagataṃ diṭṭhigatavippayuttaṃ
asaṅkhārikam ekaṃ sasaṅkhārikam ekam,
Upekkhāsahagataṃ diṭṭhigatasampayuttaṃ
asaṅkhārikam ekaṃ sasaṅkhārikam ekam,
Upekkhāsahagataṃ diṭṭhigatavippayuttaṃ
asaṅkhārikam ekaṃ sasaṅkhārikam ekan ti
imāni aṭṭha pi lobhasahagata-cittāni nāma.
「喜倶悪見相応のものは、無行が一つ、有行が一つ、
 喜倶悪見不相応のものは、無行が一つ、有行が一つ、
 捨倶悪見相応のものは、無行が一つ、有行が一つ、
 捨倶悪見不相応のものは、無行が一つ、有行が一つ、
 以上、これらを八つとも貪倶心という。」
§5 dosamūla-citta 2
   瞋根心 2
Domanassasahagataṃ paṭighasampayuttaṃ asaṅkhārikam ekaṃ, sasaṅkhārikam ekan ti imāni dve pi paṭigha-sampayutta-cittāni nāma.
「憂倶瞋恚相応のものは、無行が一つ、有行が一つ、以上これら二つとも瞋恚相応心と言う。」
§6  mohamūra-citta
   痴根心 2
Upekkhāsahagataṃ vicikicchāsampayuttam ekaṃ, upekkhāsahagataṃ uddhaccasampayuttam ekan ti imāni dve pi momūha-cittāni nāma.
「捨倶疑相応のものが一つ、捨倶掉挙相応のものが一つ、以上、これら二つとも極愚心と言う。」
§7 nigamana
   結語
lcc evaṃ sabbathā pi dvādasākusala-cittāni samattāni.
「以上で、12の不善心がすべて終わった。」
§8 saṅgaha-gāthā
   摂偈
Aṭṭhadhā lobhamūlāni, dosamūlāni ca dvidhā, mohamūlāni ca dve ti, dvādasākusalā siyuṃ.
「貪根〔心〕が8種、瞋根〔心〕が2種、痴根〔心〕が2種、以上で不善心は12となる。」

2.Ahetuka-citta 18
  無因心 18
§9 akusala-vipāka-citta 7 
   不善異熟心 7
Upekkhāsahagataṃ cakkhuviññāṇaṃ tathā sotaviññāṇaṃ ghānaviññāṇaṃ jivhāviññāṇaṃ, dukkhasahagataṃ kāyaviññāṇaṃ, upekkhāsahagataṃ sampaṭicchana-cittaṃ, upekkhāsahagataṃ santīraṇa-cittañ ceti, imāni satta pi akusala-vipāka-cittāni nāma.
「捨倶の眼識、同じく〔捨倶の〕耳識・鼻識・舌識、苦倶の身識、捨倶の領受心、捨倶の推度心、以上、これら七つとも不善異熟心と言う。」
§10 ahetuka-kusala-vipāka-citta 8
    無因善異熟心 8
Upekkhāsahagataṃ kusalavipākaṃ cakkhuviññāṇaṃ, tathā sotaviññāṇaṃ, ghānaviññāṇaṃ jivhāviññāṇaṃ sukhasahagataṃ kāyaviññaṇaṃ, upekkhāsahagataṃ sampaṭicchana-cittaṃ, somanassasahagataṃ santīraṇa-cittaṃ, upekkhāsahagataṃ santīraṇa-cittañ ceti imāni aṭṭha pi kusala-vipākāhetuka-cittāni nāma.
「捨倶善異熟の眼識、同じく〔捨倶〕の耳識・鼻識・舌識、楽倶の身識、捨倶の領受心、喜倶の推度心、捨倶の推度心、以上、これ八つとも善異熟無因心と言う。」
§11 ahetuka-kiriya-citta 3
    無因唯作心 3
Upekkhāsahagataṃ pañcadvārāvajjana-cittaṃ, tathā manodvārāvajjana-cittaṃ somanassasahagataṃ hasituppāda-cittañ ceti, imāni tīṇi pi shetuka-kiriya-cittāni nāma.
「捨倶五門引転心、同じく〔捨倶の〕意門引転心、喜倶の笑起心、以上、これらを三つとも無因唯作心と言う。」
§12 nigamana
    結語
lcc evaṃ sabbathā pi aṭṭhārasāhetuka-cittāni samattāni.
「以上で、18無因心がすべて終わった。」
§13 saṅgaha-gāthā
    摂偈
Sattākusalapākāni, puññapākāni aṭṭhadhā, kiriya-cittāni tīṇīti aṭṭhārasa ahetukā.
「不善異熟〔心〕が7、〔無因〕善異熟〔心〕が8種、〔無因〕唯作心が3、以上で無因〔心〕は18となる。」
§14  sobhana-citta 59-91
浄心 59-91
Pāpāhetukamuttāni sobhanānī ti vuccare. ekūnasaṭṭhi cittāni, ath' ekanavutī pi vā.
「不善と無因を除いた、59心または91〔心〕が、浄〔心〕と言われる。」
3.Kāmāvacara-sobhana-citta 24
  欲界善心  24
§15 mahākusala-citta 8
    大善心  8

Somanassasahagataṃ ñāṇasampayuttaṃ
asaṅkhārikam ekaṃ sasaṅkhārikam ekaṃ.
Somanassasahagataṃ ñāṇavippayuttaṃ
asaṅkhārikam ekaṃ sasaṅkhārikam ekaṃ.
upekkhāsahagataṃ ñāṇasampayuttaṃ
asaṅkhārikam ekaṃ sasaṅkhārikam ekaṃ.
upekkhāsahagataṃ ñāṇavippayuttaṃ
asaṅkhārikam ekaṃ sasaṅkhārikam ekan ti
imāni aṭṭha pi kāmāvacara-kusala-cittāni nāma.
「喜倶智相応のものは、無行が一つ、有行が一つ、
喜倶智不相応のものは、無行が一つ、有行が一つ、
捨倶智相応のものは、無行が一つ、有行が一つ、
捨倶智不相応のものは、無行が一つ、有行が一つ、
以上これらを八つとも欲界善心と言う。」
§16 mahāvipāka-citta 8
    大異熟心  8
Somanassasahagataṃ ñāṇasampayuttaṃ
asaṅkhārikam ekaṃ sasaṅkhārikam ekaṃ.
Somanassasahagataṃ ñāṇavippayuttaṃ
asaṅkhārikam ekaṃ sasaṅkhārikam ekaṃ.
upekkhāsahagataṃ ñāṇasampayuttaṃ
asaṅkhārikam ekaṃ sasaṅkhārikam ekaṃ.
upekkhāsahagataṃ ñāṇavippayuttaṃ
asaṅkhārikam ekaṃ sasaṅkhārikam ekan ti
imāni aṭṭha pi sahetuka-kāmāvacara-vipāka-cittāni nāma.
「喜倶智相応のものは、無行が一つ、有行が一つ、
喜倶智不相応のものは、無行が一つ、有行が一つ、
捨倶智相応のものは、無行が一つ、有行が一つ、
捨倶智不相応のものは、無行が一つ、有行が一つ、
以上これらを八つとも欲界有因異熟心と言う。」
§17 mahākiriya-citta 8
    大唯作心  8
Somanassasahagataṃ ñāṇasampayuttaṃ
asaṅkhārikam ekaṃ sasaṅkhārikam ekaṃ.
Somanassasahagataṃ ñāṇavippayuttaṃ
asaṅkhārikam ekaṃ sasaṅkhārikam ekaṃ.
upekkhāsahagataṃ ñāṇasampayuttaṃ
asaṅkhārikam ekaṃ sasaṅkhārikam ekaṃ.
upekkhāsahagataṃ ñāṇavippayuttaṃ
asaṅkhārikam ekaṃ sasaṅkhārikam ekan ti
imāni aṭṭha pi sahetuka-kāmāvacara-kiriya-cittāni nāma.
「喜倶智相応のものは、無行が一つ、有行が一つ、
喜倶智不相応のものは、無行が一つ、有行が一つ、
捨倶智相応のものは、無行が一つ、有行が一つ、
捨倶智不相応のものは、無行が一つ、有行が一つ、
以上これらを八つとも欲界有因唯作心と言う。」
§18 nigamana
    結語
lcc evaṃ sabbathā pi catuvīsati sahetuka-kāmāvacara-kusala-vipāka-kiriya-cittāni samattāni.
「以上のように、24の欲界善・〔欲界〕有因異熟・〔欲界有因〕唯作心がすべて終わった。」
§19 saṅgaha-gāthā
    摂偈
Vedanā-ñāṇa-saṅkhāra-, bhedena catuvīsati, sahetu-kāmāvacara-, puñña-pāka-kriyā matā.
「受・智・行のべつによって、欲界善・〔欲界〕有因異熟・〔欲界有因〕唯作心は24とされる。」
§20 kāmāvacara-citta 54 saṅgaha-gāthā
    欲界心54のサンガハ・ガーター
Kāme tevīsa pākāni, puññāpuññāni vīsati,ekādasa kriyā ceti, catupaññāsa sabbathā.
「欲〔界〕には23の異熟と20の善・不善と11の唯作と、以上、すべてで54〔心〕がある。」

4. rūpāvacara-citta 15
  色界心 15
§21 kusala-citta 5
    善心 5
Vitakka-vicāra-pīti-sukhekaggatā-sahitaṃ paṭhamajjhāna-kusala-cittaṃ, vicāra pīti-sukhekaggatā-sahitaṃ dutiyajjhāna-kusala-cittaṃ, pīti-sukhekaggatā-sahitaṃ tatiyajjhāna-kusala-cittaṃ, sukhekaggatā-sahitaṃ catutthajjhāna-kusala-cittaṃ, upekkhekaggatā-sahitaṃ pañcamajjhāna-kusala-cittañ ceti, imāni pañca pi rūpāvacara-kusala-cittāni nāma.
「尋・伺・喜・楽・一境性と倶にある初禅善心、伺・喜・楽・一境性と倶にある第二禅善心、喜・楽・一境性と倶にある第三禅善心、楽・一境性と倶にある第四禅善心、捨・一境性と倶にある第五禅善心、以上、これら五つとも色界善心という。」
§22 vipāka-citta 5
    異熟心 5
Vitakka-vicāra-pīti-sukhekaggatā-sahitaṃ paṭhamajjhāna-vipāka-cittaṃ, vicāra pīti-sukhekaggatā-sahitaṃ dutiyajjhāna-vipāka-cittaṃ, pīti-sukhekaggatā-sahitaṃ tatiyajjhāna-vipāka-cittaṃ, sukhekaggatā-sahitaṃ catutthajjhāna-vipāka-cittaṃ, upekkhekaggatā-sahitaṃ pañcamajjhāna-vipāka-cittañ ceti, imāni pañca pi rūpāvacara-vipāka-cittāni nāma.
「尋・伺・喜・楽・一境性と倶にある初禅異熟心、伺・喜・楽・一境性と倶にある第二禅異熟心、喜・楽・一境性と倶にある第三禅異熟心、楽・一境性と倶にある第四禅異熟心、捨・一境性と倶にある第五禅異熟心、以上、これら五つとも色界異熟心という。」

§23 kiriya-citta 5
    唯作心 5
Vitakka-vicāra-pīti-sukhekaggatā-sahitaṃ paṭhamajjhāna-kiriya-cittaṃ, vicāra pīti-sukhekaggatā-sahitaṃ dutiyajjhāna-kiriya-cittaṃ, pīti-sukhekaggatā-sahitaṃ tatiyajjhāna-kiriya-cittaṃ, sukhekaggatā-sahitaṃ catutthajjhāna-kiriya-cittaṃ, upekkhekaggatā-sahitaṃ pañcamajjhāna-kiriya-cittañ ceti, imāni pañca pi rūpāvacara-kiriya-cittāni nāma.
「尋・伺・喜・楽・一境性と倶にある初禅唯作心、伺・喜・楽・一境性と倶にある第二禅唯作心、喜・楽・一境性と倶にある第三禅唯作心、楽・一境性と倶にある第四禅唯作心、捨・一境性と倶にある第五禅唯作心、以上、これら五つとも色界唯作心という。」
§24 nigamana
    結語
lcc evaṃ sabbathā pi pannarasa rūpāvacara-kusala-vipāka-kiriya-cittāni samattāni.
「以上で、15の色界善・異熟・唯作の区別によって15種となる。」
§25 saṅgaha-gāthā
    摂偈
Pañcadhā jhānabhedena, rūpāvacara-mānasaṃ,
puñña-pāka-kiriya-bhedā, taṃ pañcadasadhā bhave.
「色界心は、禅の区別によって15種となる。
それ(5種)は、善・異熟・唯作の区別によって15種となる。」

5. arūpāvacara-citta 12
   無色界心 12
§26 kusala-citta 4
    善心 4
Ākāsānañcāyatana-kusala-cittaṃ, viññāṇañcāyatana-kusla-cittaṃ, ākiñcaññāyatana-kusala-cittaṃ, nevasaññānāsaññāyatana-kusala-cittañ ceti, imāni cattāri pi arūpāvacara-kusala-cittāni nāma.
「空無辺処善心、識無辺処善心、無処有処善心、非想非非想処善心、以上、これら四つとも無色界善心という。」
§27 vipāka-citta 4 
    異熟心 4
Ākāsānañcāyatana-vipāka-cittaṃ, viññāṇañcāyatana-vipāka-cittaṃ, ākiñcaññāyatana-vipāka-cittaṃ, nevasaññānāsaññāyatana-vipāka-cittañ ceti, imāni cattāri pi arūpāvacara-vipāka-cittāni nāma.
「空無辺処異熟心、識無辺処異熟心、無処有処異熟心、非想非非想処異熟心、以上、これら四つとも無色界異熟心という。」
§28 kiriya-citta 4
    唯作心 4
Ākāsānañcāyatana-kiriya-cittaṃ, viññāṇañcāyatana-kiriya-cittaṃ, ākiñcaññāyatana-kiriya-cittaṃ, nevasaññānāsaññāyatana-kiriya-cittañ ceti, imāni cattāri pi arūpāvacara-kiriya-cittāni nāma.
「空無辺処唯作心、識無辺処唯作心、無処有処唯作心、非想非非想処唯作心、以上、これら四つとも無色界唯作心という。」
§29 nigamana
    結語
lcc evaṃ sabbathā pi dvādasa-arūpāvacara-kusala-vipāka-kiriya-cittāni samattāni.
「以上で、12の無色界善・異熟・唯作心がすべて終わった。」
§30 saṅgaha-gāthā
    摂偈
Ālambaṇappabhedena, catudhāruppa-mānasaṃ, puñña-pāka-kriyābhedā, puna dvādasadhā ṭhitaṃ.
「所縁の別によって、無色〔界〕心は4種となり、更に、善・異熟・唯作の別によって12種が立てられる。」

6. lokuttara-citta 8
   出世間心 8
§31 magga-citta 4
    道心 4
Sotāpatti-magga-cittaṃ, sakadāgāmi-magga-cittaṃ, anāgāmi-magga-cittaṃ, arahatta-magga-cittañ ceti, imāni cattāri pi lokuttara-kusala-cittāni nāma.
「預流道心、一来道心、不還道心、阿羅漢道心、以上、これら四つとも出世間善心という。」
§32 pahala-citta 4
    果心 4
Sotāpatti-pahala-cittaṃ, sakadāgāmi-pahala-cittaṃ, anāgāmi-pahala-cittaṃ, arahatta-pahala-cittañ ceti, imāni cattāri pi lokuttara-vipāka-cittāni nāma.
「預流果心、一来果心、不還果心、阿羅漢果心、以上、これら四つとも出世間異熟心という。」
§33nigamana
   結語
lcc evaṃ sabbathā pi aṭṭha-lokuttara-kusala-vipāka-cittāni samattāni.
「以上で、八つの出世間善・異熟心がすべて終わった。」
§34saṅgaha-gāthā
   摂偈
Catumaggappabhedena, catudhā kusalaṃ tathā, pākaṃ tassa phalattā ti,aṭṭhadhānuttaraṃ mataṃ.
「四道の別によって、善は4種となり、同様に、その果であることから異熟も4種である。このように無上は8種とされる。」
7. citta-saṅkhepa 89
    簡略心 89
§35 jāti-bheda-saṅgaha-gāthā
   〔三〕性分別摂偈
Dvādasākusalān' evaṃ, kusalān' ekavīsati, chattiṃs' eva vipākāni, kiriyacittāni vīsati.
「このように不善〔心〕は12、善〔心〕は21、異熟〔心〕は36、唯作心は20である。」
§36 catubhūmika-bheda-saṅgaha-gāthā
    四地分別説偈
Catupaññāsadhā kāme, rūpe pannars' īraye, cittāni dvādasārūpe, aṭṭhadhā 'nuttare tathā.
「〔賢者は〕欲〔界〕における〔心〕を54種、色〔界〕における〔心〕を15、無色〔界〕における〔心〕を12、また、無上における〔心〕を8種という。」
§37 nigamana-nidāna
    結語と序
Ittham ekūnanavuti-,pabhedaṃ pana mānasaṃ, ekavīsasataṃ vā 'tha,vibhajanti vicakkhaṇā.
「このように、諸々の賢者は、心を89種、あるいは121〔種〕に分別する。」

8. Citta-vitthāra 121
   詳細心 121
§38 lokuttara-citta-vitthāra 40
    出世間心の詳細 40
Katham ekūnanavutividhaṃ cittaṃ ekavīsasataṃ hoti? Vitakka-vicāra-pīti-sukhekaggatā-sahitaṃ paṭhamajjhāna-sotāpatti-magga-cittaṃ, vicāra-pīti-sukhekaggatā-sahitaṃ dutiyajjhāna-sotāpatti-magga-cittaṃ,  pīti-sukhekaggatā-sahitaṃ tatiyajjhāna-sotāpatti-magga-cittaṃ, sukhekaggatā-sahitaṃ catutthajjhāna-sotāpatti-magga-cittaṃ, upekkhekaggatā-sahitaṃ pañcamajjhāna-sotāpatti-magga-cittañ ceti,
imāni pañca pi sotāpatti-magga-cittāni nāma.
「どのようにして、89種の心が121となるか。尋・伺・喜・楽・一境性と倶にある初禅預流道心、伺・喜・楽・一境性と倶にある第二善預流道心、喜・楽・一境性と倶にある第三禅預流道心、楽・一境性と倶にある第四禅預流道心、捨・一境性と倶にある第五禅預流道心、以上、これらを五つとも、預流道心という。」
Tathā sakadāgāmi-magga-anāgāmi-magga-arahatta-magga-cittañ ceti, samavīsati magga-cittāni; tathā phala-cittāni ceti, samacattālīsa lokuttara-cittāni bhavantī ti.
「同様に、一来道、不還道、阿羅漢道心も〔各5種と〕なるおで、ちょうど20道心となる。同じく、果心も〔ちょうど20と〕なるので、出世間心はちょうど40となる。以上の通りである。」
§39 saṅgaha-gāthā
    摂偈
Jhānaṅgayogabhedena,katv' ekekaṃ tu pañcadhā, vuccatānuttaraṃ cittaṃ, cattālīsa-vidhan ti ca.
「禅支相応の別によって、一々〔の出世間心〕を5種とし、無上心は40種あるともいわれる。」
§40 lokiya-lokuttara-jhānacitta-samūha
    世間・出世間禅心の集約
Yathā ca rūpāvacaraṃ, gayhatānuttaraṃ tathā, paṭhamādijjhānabhede, āruppañ cāpi pañcame, Ekādasavidhaṃ tasmā, paṭhamādikam īritaṃ, jhānam ekekam ante tu, tevīsatividhaṃ bhave.
「色界が初禅などの区別に於いて理解されるように、無上もまた〔初禅などの区別に於いて理解され〕、無色も第五〔禅に於いて理解される〕。故に、初〔禅〕などの一々の禅が〔各〕11種あると言われる。しかし、最後〔の第五禅〕には23種がある。」
§41 kusala-vipāka-vitthāra 
    善・異熟の詳細
Sattatiṃsavidhaṃ puññaṃ, dvipaññāsavidhaṃ tathā, pākam icc āhu cittāni, ekavīsasataṃ budhā.
「善は37種あり、また異熟は52種ある。このように諸の慧者は、121の心があるという。」
Iti Abhidhammatthasaṅgahe cittasaṅgahavibhāgo nāma paṭamo paricchedo.
「以上が、アビダンマッタ・サンガハにおける摂心分別という第一章である。」
.15 2013 アビダンマ comment(-) trackback0

仏教ってブッダの教えだよね?ちがうの?

 仏教(Buddhism)という言葉はいつ誰が使い始めたか? 

 『新アジア仏教史02 仏教の形成と展開』第1章「近代仏教学の形成と展開」(著:下田正弘)に記述があるそうな。http://ameblo.jp/nibbaana/entry-11396857896.html より

 宣教師や商人、のちには植民省の高官としてチベット、タイ、ビルマ、スリランカ、日本にまで赴いたヨーロッパ人たちは、赴任の地においてさまざまな形態をした宗教に遭遇した。
 それにもかかわらず、アジアに散在するこの宗教を同じカテゴリーで認識しようとするものは容易に現われなかった」「その中心に歴史的人物としてのブッダが立てられたとき、だが、この多年にわたる謎は氷解」して、西洋人はそれまで観察してきた一連の現象に「<仏教>Buddhismという呼び名を与えた。ここに<仏教>は誕生した」

「<仏教>Buddhismという言葉の創始者はミシェル=ジャン=フランソワ・オズレーである。1817年に出版されたわずか100ページに満たない小冊子『東方アジアの宗教の開祖ビュッドゥあるいはブッドュにかんする研究』に、この<仏教>は登場する」

 では、仏陀の教え(Buddhānasāsanā)という言葉はいつからあるのか?

 最古層の経典と云われる、ダンマパタ(法句経)Dh183-185にかの有名な諸佛の教え(Buddhānasāsanā)という偈がある。
 漢訳経典では七仏通誡偈だが、最後の句の「是諸仏教」はパーリー経典で「etam buddhāna sāsanam」(エータン ブッダーナ サーサナン)であり、意訳は「これが諸々の仏陀の教えである」となる。

と、いうことで、パーリー経典や阿含経に残された「ブッダの教え」漢語で「仏教」と、世界中で認識されている「仏教」と云われる言葉は、生い立ちからして異なるものであったということで、わたくしの個人的混乱が少し収まりつつある次第です(笑)。
.17 2013 仏教って? comment(-) trackback0

ブッダ年表の覚書

わたしの覚書なので、資料等には参考といたしませぬよう、何分にも検証しておりませんので信頼性にいまひとつ・・・
まあ、とにかく説法資料としてメモっときます。

□ シダッタ王子、ルンビニー園で誕生
シャキャ(力ある者の意)族(太陽の末裔と称された)
     シャカ族はネパールのタラーイ平原に住む一部族の名前であった、共和制で自由主義であったようだ。
     コーサラ国の従属であったが、後にコーサラ国に滅ぼされる。

 性:ゴータマ(最上の牛の意)、名:シッダッタ(目的を達成したの意)
 スッドーダナ(白米の御飯の意)王(父)
 マーヤ(神の不思議な霊力の意)妃(母)

・マーヤ妃が産後まもなく死去、叔母に育てられる
 マハーパジャーパティ妃(マーヤの妹)またの名を、ゴータミー妃

□ 16歳で結婚
・ヤソーダラ妃(妻)
・ラーフラ王子(子)

□ 29歳で出家
・ヴェーサーリーの北、400人の弟子を持ったとされるアーララ・カーラマを師とする
・マカダ国ラージャガハのパンダヴァ山でビンビサーラ王と出会う
・ラージャガハ近く、700人の弟子を持ったとされるウッダカ・ラーマプッタを師とする

□ 苦行開始
・ウルヴェーラ村から半日ほどのドゥンゲーシヴァリー山で苦行開始
 コンダンニャ、ヴァッパ、パッディヤ、アッサジ、マハーナーマも同行
 ウルヴェーラ(後のブッダガヤ)でスジャータと会う

□ 35歳で悟る
・ピッパラ樹(菩提樹)の下で坐る(ブッダとなる)

□ 初転法輪
・ベナレス近くのインパタナにある鹿野苑で苦行仲間に説法(初転法輪)
 ブッダ+5人で、6人の集まりとなる
・ベナレスの金持ちの息子たち、ヤサが弟子となり、友達4人とさらに50人も弟子入り
 +55人で61人の集まりとなる
・比丘による受戒を可とする
 受戒の儀式成立(三帰依)というが・・・
・カッサバ兄弟と会う
 ウルヴェーラの500人の弟子を持つカッサバ
 300人の弟子を持つ、弟ナディ・カッサバ
 200人の弟子を持つ、弟ガヤー・カッサバ
  +900人弟子入りし、うわさを聞いて弟子入りが押しかけたため1000人に増える

□ サーリプッタ、モッガーナが弟子となる
・サンジャの弟子サーリプッタ(知恵第一)がアッサジと会い、モッガーナと(神通第一)250人の弟子を連れて、ブッダのところへ行く
 +250人で1250人の僧団になる

□ 36歳で竹林精舎の寄進
・マカダ国のラージャガハでビンビサーラ王より竹林精舎の寄進を受ける
・カピラファトゥ近くのニグロダー苑の寄進を受ける
・子ラーフラが出家、父スッドーダナ王激怒する

□ アヌルッダ、アーナンダ、ディーヴァダッタ、マハーカッサバ弟子となる
・コーサラ国で6人の王族の子が出家、非難を受ける
 マハーナーマ(天眼第一)の友人アヌルッダ、友人バッデイヤ、バグ、キンピラ、ディーヴァダッタ、ブッダの従兄弟か?アーナンダ(多聞第一)
・床屋ウパーリ(持戒第一)、マハーカッサバ(頭陀第一)弟子となる

□ 祇園精舎の寄進
・パーセナディ国王の統治するコーサラ国の都サーヴェティに住む裕福な商人スダッタ(アナータピンディカ:貧しく見捨てられた人を愛する人)がパーセナディ国王の息子ジェータ王子の森を黄金と引き換えることで商談し結局2人で寄進する
 ・シュボダイ出家する
・歌手アンバパーリがマンゴーの森を寄進
 アンバパーリの息子(ビンビサーラ国王の息子)ジーヴァカが医学の道に進む

□ 39歳
・パーセナディ国王の帰依
・ゴータミ妃と50人の比丘尼の受戒
□ 48~50歳
・ラーフラ得度、この時20歳
□ 55歳
・アーナンダ侍者になる
□ 56歳
・アングリマーラ帰依
□ 71歳
・ディヴァダッタ離反
 ビンビサーラ国王退位、アジャーサトゥ王子王位につく
・大岩事件、象事件
・ビンビサーラ王死去
・コーサラ国のアジャーサアトゥ国王がとマカダ国に攻め込み、戦争となる。
 コーサラ国パーセナディ王勝利、愛娘ヴァジーラ王女をアジャーサトゥ王に嫁がせる
 ベナレスに ラジャカーラナ僧院建立
・ジーヴァカ出家する
・パーセナディ王の子、ヴィドゥーダバ将軍によりシャカ族滅ぼされる
      (傲慢な釈迦族?から自らの育ちを貶され恨みに思っていたらしい)
□ 75~79歳
・ラーフラ51歳で死去
・モッガーナ長老殺される
・ディーヴァダッタ死去
・サーリプッタ死去

□ 78~80歳 ・故郷へのたびに出る

□ 80歳
・旅の途中クシナガラでブッダ死去
.11 2012 ブッダ comment(-) trackback0
 HOME 

プロフィール

仲良くしようよ日本大乗と上座部

Author:仲良くしようよ日本大乗と上座部

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。